RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
キラキラしたサウンドのウクレレ&ギターデュオ【ニーノ&ゴーゴー】2daysライブ!

デビュー以来、大人気のニーノ&ゴーゴー。毎年ジャムズでライブを開催してくれています。今年も2日間のライブを魅せてくれます!

ニーノ&ゴーゴーをまだ見たことがない、聴いたことがない・・・という皆さん、ぜひこのライブにご来場ください。2人が演奏するウクレレとギターによるインストゥルメンタルの楽曲はどれもキラキラしたサウンドで開場は心地よい空間になります。

ニーノアンドゴーゴー【プロフィール】

ウクレレの新納悠記(にいのゆうき)とギターの伍々慧(ごごさとし)による次世代若手インストゥルメンタルデュオ。
従来のウクレレのイメージを覆すアグレッシブな演奏を繰り広げる新納悠記と、
アコースティックギターの可能性を最大限に生かしたギタープレイスタイルの伍々慧。
2人の演奏は、ウクレレとギターだけとは思えない広がりを見せるカラフルなサウンド。
それぞれの個性が活きたキャッチーなオリジナルチューン、スパイスの効いたカヴァーセンス、
そしてポップなライブパフォーマンスは多くの人を魅了してやまない。
2011年8月に自主レーベルより1st album “Chapter ”を発売。東名阪を中心にライブ活動を展開、
ライブ会場販売などで1000枚を販売。
2012年7月に2nd album”DROPS -blooming flavor-”を発売。地元大阪でのレコ発ライブでは、
十分な告知期間・方法でなかったにも関わらず、ご来場者数100名を動員。
ライブ会場販売などで1000枚を販売。

2013年3月、応募総数4,000組を超えたソニーミュージックアーティスツのオーディション・ファイナルステージに唯一インストで出場。
一般オーディエンス・関係者から絶賛された。
2013年10月、初のホールコンサートを吹田市文化会館小ホールで開催。開演日一ヶ月前を待たずにチケットソールドアウト、160名動員。

新納 悠記(Yuki Niino)

2009年にウクレレに出会い、同年に行われた『第5回ジ・ウクレレコンテスト』にて、6年連続でグラミー賞を授賞しているダニエル・ホーなどから審査員全員一致で大賞を受賞。サザンオールスターズのベーシスト、関口和之氏より2010年2月にハワイ・オアフ島で開催された「ウクレレピクニック・イン・ハワイ」での演奏・招待が授与された。さらに、世界的ウクレレプレイヤー、ジェイクシマブクロ氏を審査員に迎えて行われた『LET'S PLAY UKULELE CONTEST』にてグランプリを受賞。『JAKE SHIMABUKURO I LOVE UKULELE TOUR 2010』渋谷オーチャードホール公演にてオープニングアクトを務め、ジェイク本人からも、その従来のウクレレのイメージを覆すパフォーマンスを絶賛された。 現在はウクレレをメインにソロはもちろん、ギタリスト伍々慧とのデュオ、ニーノアンドゴーゴーでも活動をしており、最近ではラジオやテレビなどで楽曲が使われる等活動の幅を広げている。


伍々慧(ごごさとし)

アコースティックギタリスト・コンポーザー。

時に弾むように軽やかに、時に感情が激しく沸き立つように、しなやかな指先が紡ぎ出す情感豊かなメロディをギター1本で奏でる。様々な感情や情景を思い起こさせられる旋律と音色は各方面から高い評価を得ている。1988年、大阪生まれ。12歳でギターをはじめる。15歳のときに、モーリス・フィンガーピッキング・コンテスト2004最優秀賞含む4部門を受賞。(史上最年少最多記録)16歳でプロデビュー、以降ソロアルバム、コラボレーションシングル等をリリース。「ギターインスト」というに枠に収まらず、CHAGE and ASKA , 佐藤竹善氏(ex.SING LIKE TALKING) , 南こうせつ氏 ,等様々なジャンルの著名ミュージシャンとの共演やレコーディング、OAを経験。また、CMやテレビ番組の音楽、企業PVの楽曲制作・演奏も手がける。存在感のあるそのギターの音色、プレイが絶賛された。2013年には、全世界規模の作曲家のコンペティション、"International Songwriting Competition 2013"でInstrumentalカテゴリのセミファイナリストに選出された。また、プライベートレーベル"Wonderful Days Music"から初のセルフプロデュースによる2枚目のフルアルバム"Bedtime Story"をリリース(iTunes Store Japan インストカテゴリ最高2位獲得)。新たなキャリアをスタートさせる。近年は日本だけにとどまらず、アメリカ・イギリス・フィンランド・スウェーデン・オーストラリア・中国・台湾などの海外での演奏活動も展開。そのパフォーマンスと自身の音楽は国境を越えて歓迎された。ソロギタリストとしてはもちろん、ウクレレ奏者・新納悠記(第五回ジ・ウクレレコンテスト・チャンピオン)とのデュオ、「ニーノアンドゴーゴー」としても精力的に活動中。


まずは2人のライブ映像とサウンドを聴いてみてください。

Youtubeに様々な2人の演奏が公開されています。こうやってインターネットでプロミュージシャンの演奏を見たり聴いたり出来るのはホントに便利な世の中になったなぁ・・・と思いますが、実際にライブ会場で、しかも目の前で2人の演奏を見るのは凄いことです。

ジャムズウクレレのライブスペースは満席で50名。奏者との距離はほんの数メートル。これって凄い贅沢な事なんです。

まずは「Endless Summer」2人のライブでは必ず演奏される爽やかな楽曲です。

次はLibertangoです。この曲は聴いたことがある方も多いですね。

葉加瀬太郎さんも演奏している名曲です。この曲がギターとウクレレならどうなるんでしょう・・・?

早速聴いてみましょう!

さて、次はこの曲「Wake Me Up Befor You Go Go」です。

ワムのヒット曲ですね。これが実にウキウキ感たっぷりでウクレレとギターで演奏されます。

この曲が始まると会場は一気に盛り上がります。


では、今度は2人がそれぞれに演奏している映像をどうぞ!

まずは伍々慧くんの「枯葉(Autumn Leaves)」の名演奏です。これは凄い・・・。BGMに流してると何とも心地よいサウンドです。いったいどうやったらこんな演奏が出来るのか不思議で仕方ないです。伍々くんはスゴイ大きな手、長い指、美しい指を持っているギタリストです。その指先を見るだけでも感動しますよ。

では、次に新納くんがウクレレで弾く「涙そうそう」です。まー、音がキレイなんですよ。彼の指先から出てくるウクレレのサウンドは天下一品。ひとつひとつの音を丁寧に丁寧に・・・そしてさらに丁寧に!

こんなに綺麗な音を出せるウクレレプレーヤーって希有です。

さあ!ライブチケットを予約しましょう!

ニーノ&ゴーゴーのライブを目の前で見られる「ジャムズ★ウクレレ」にぜひご来場ください。

土日の二日間のライブとなっていますので、ご希望の日時でご予約ください。

日時は以下の通り!良い席から順次受付です。全席指定席となりますのでお早めに!

とはいっても、どの席もすぐ目の前。感動のライブをお楽しみください。

第1日目

2015年10月17日(土)

【OPEN】18:30 【START】19:00〜21:00

第2日目

2015年10月18日(日)

【OPEN】14:30 【START】15:00〜17:00

チケットは2,500円(ドリンク別)となっています。

お子様にも楽しんでいただけるライブですからご家族連れでのご来場も歓迎いたします。

小学生のお子様は半額です。

author:ジャムズウクレレ★K.おおぎ, category:LIVE情報, 18:05
comments(0), -, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:05
-, -, -
Comment